ゆとろぐ。

1991年生まれのゆとり世代の雑記ブログ。

【キャリコン勉強記】実技2日目の内容と感想。

f:id:fishstory_tb:20180320102658j:plain

 キャリアコンサルタント実技講習、二日目です。ちなみに初日の記事はこちら
 本日も初日感想記事でのお約束通り、スタバにMac持ち込んでカタカタ打ち込んでいます。前回はほうじ茶ラテがお供でしたが、今回はクッキーチャンキーフラペチーノがお供です。美味しいです。
 実は三日目が宿題提出日なので、できれば早く記事を書き終えて、そちらに取り掛かりたいところ。いつもより急ぎ足で頑張ります。

 

第二回目の内容と感想

 さて、第二回目の内容と感想です。
 前回同様、約15名を3グループに分けてのスタートです。毎回グループのメンバーは入れ替わります。今回は、他の別の場所・別の曜日のクラスの方々が振替にいらしていました。なかなか新鮮な気持ち……どころか、またまたメンバーほとんどがほぼ初対面です。緊張しますね。

 本日の内容は「カウンセリング技法」についてでした。どういった心構えでカウンセリングを進めていけばいいのか、という前提のところからスタート。そして徐々に、視線を合わせる、話しやすい空気を出す、あいづちを打つ、質問をするなど、基本的な技法の話に移ります。

 もちろん前回同様グループワークが中心となり、技法を教えてもらう度に「じゃあ一度体感してみましょう」となります。また、ワークをやってみた感想を伝え合うことも求められます。
 コミュニケーション能力がないと厳しそうな内容にも思えますが、実際はそうでもありません。なんせ資格の特性上、人を支援しよう、したいと考えている人が集まっていますからね! 人見知りの私がグループワークに馴染むのも支援して頂いていますよ‼︎←
 また、傾聴が大切になるので、パッと見コミュ強の人よりも、パッと見コミュ弱の人の方が上手に相手の話を引き出せることがあります。キャラクターによって、この技法は得意だけど、この技法は苦手、と全体の中での得意不得意が出てくることもあります。まさにみんな違ってみんないい、って感じです。

 二日目になると少し皆さん場慣れしてきて、個性が顔を出してくるようです。おしゃべりさん、控えめさん、話をまとめたい人、じっくり話し合いたい人。
 ぐんぐん先に行こうとする生徒さんも、あっちこっち寄り道してしまう生徒さんも出てきて、先生もまとめ上げるのに一苦労という場面がちらほら。
 まだまだ序盤なのに、今後どうなってしまうのか⁉︎ とハラハラドキドキです。

 おそらく、このまま一通り個性が花開いていって、お互いのことがわかってくると徐々にクラスがまとまっていくのでしょうね。
 ついつい周りのことを分析して楽しんでしまいつつ、私自身周りにどんな人間だと思われているのやら。

 来週はもう少し難しい技法を学んでいく&学ぶ内容が盛りだくさんだそうなので、頑張っていきます!
 そして、宿題も、頑張っていきます……。

 また一週間後の三日目記事をお楽しみに〜!
 おわりっ。